省之以明德分享 http://blog.sciencenet.cn/u/wangshu TopLiuChao@Gmail.com

博文

東京大学農學院所立「朱舜水先生終焉之地」之碑

已有 6128 次阅读 2013-4-28 07:35 |个人分类:琴茶诗文|系统分类:诗词雅集| 朱舜水

All pix from Wikipedia.

朱公舜水先生,讳之瑜,余姚人氏,先明亡日鸿儒也。先避长崎,後应安东省庵与和德川光圀之邀至江户德川育德園(今東京大學本鄉校區)讲学十七年,编「大日本史」,著《朱舜水文集》二十八卷,影響「水戶學」深遠,八十三歸道山。今東大農學院正門立「朱舜水先生終焉之地」之碑,乃數年前遷自言問路,其墓在水戸藩主歷代墓地所在瑞龍山(茨城県常陸太田市),依明朝様式而建。來年清明定去太田慰思先賢。


Mr. ZHU Zhiyu (1600~1682), whose Hao was Shunshui, was born in Yuyao, Zhejiang, China. He was one of the greatest scholar Confusionasm scholar in Ming Dynasty and Edo Pioriod. After the dusctrion of Ming Dynasty, he shipped to Japan to try to help recover Ming Dynasty. At first, he was in Nagasaki, then tranferred to Edo (former name of Tokyo, as real captial of Japan) as a senior lecture in Toku School for 17 years, invited by ANDO Seian and TOKUGAWA Mitsukuni. He edited “The Great History of Japan”, wrote “Collect works of ZHU Shunshui”, directly influenced Mitogaku very much. There is a monument named “The place where Mr. Zhu Shunshui died”, now inside the main gate of the College of Agriculture, the Univerisity of Tokyo, which was shiftted from the road of Kototoi. His tomb is in the Ohtashi, Hitachi, Ibarakiken, built in the style of Ming. Next festival of Qingming, I wished to drop his tomb.


朱 舜水(しゅ しゅんすい、万暦28年10月12日(1600年11月17日) - 天和2年4月17日(1682年5月24日))は、明の儒学者である。浙江省餘姚に生まれる。江戸時代初期に来日。舜水は号。諱は之瑜、字は楚嶼・魯璵。万治3年(1660年)には筑後国柳川藩の儒者・安東省菴に援助され、流寓生活を送る。寛文5年(1665年)6月には常陸国水戸藩藩主の徳川光圀が彰考館員の小宅処斎を派遣して舜水を招聘し、同年7月には江戸に移住する。光圀は舜水を敬愛し、水戸学へ思想的影響を与えたほか、光圀の就藩に際しては水戸へも赴いており、光圀の修史事業(後に『大日本史』と命名)の編纂に参加した安積澹泊や、木下道順、山鹿素行らの学者とも交友し、漢籍文化を伝える。死後には光圀により遺稿の編纂が行われ、正徳5年(1715年)には『舜水先生文集』全28巻としてまとめられる。東京大学農学部内には“朱舜水先生終焉之地”と記された碑がある。墓所は水戸藩主累代の墓地である瑞龍山(茨城県常陸太田市)で、明朝様式の墓が建てられた。来年の清明に、私は先生の墓所に行って、追想する。




https://blog.sciencenet.cn/blog-216119-684710.html

上一篇:《月の宴閨須广琴》题目之意揣测
下一篇:聽風琴館嘗新茶有感七絕習作。

3 陈湘明 吴飞鹏 张檀琴

该博文允许注册用户评论 请点击登录 评论 (4 个评论)

数据加载中...

Archiver|手机版|科学网 ( 京ICP备07017567号-12 )

GMT+8, 2022-5-20 12:51

Powered by ScienceNet.cn

Copyright © 2007- 中国科学报社

返回顶部